私が住んでいるところはちょっとした田舎の港町

古かったり、状態の悪い車の場合は、査定額がつかない事もあり

私が住んでいるところはちょっとした田舎の港町です。

窓からは広く海を見渡せて、暑い夏には気持ちのいい潮風が吹き、気持ちよく過ごしているのですが、ひとつ惜しいのは、潮風で車がすぐに傷んでしまいます。昔住んでいた海の遠い場所では、車が錆びてしまったなんていうことは考えもしなかったことです。今乗っている愛車は車下取りに出してしまって、新しく次の車を手に入れたいです。

車の査定を夜間や雨の日にしてもらうと高額査定が期待できるという説があります。ボディのキズやへこみが薄暗さに紛れてしまうため、業者が見逃すことを期待しているのです。



現実的な目で見れば、そこまで細かく考えず、来てくれるならいつでもという構えで出来るだけたくさんの業者に査定させる方が利益は大きいのではないでしょうか。


価格競争の原理から言えば複数の同業者間で競ってくれたほうが、自然と査定額もアップするでしょう。


何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを俗に相見積もりといいます。これをどこにいても実施できるようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。


さらに、この相見積もりの中には、同じ時間に複数の中古自動車査定士に現実的に車を見積もってもらい、みんなで査定額を出し合ってもらうという意味もあります。



中には相見積もりをお願いすると断られるところもあるようですが、たいていは了承してもらえるでしょう。



さていよいよ業者に査定をしてもらうという時、その前に車を丁寧に洗車し、車内の掃除も済ませましょう。

業者の査定員だってあくまでも人間ですし、ドロドロに汚れた車などより丁寧に洗車された方に良い感情を持つでしょう。そもそも車が汚れていては、小さな傷の確認などができず、そのため安く査定されてしまうかもしれません。


また、洗車を行うなら外装のみならずタイヤまわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。

この間、査定額に目を通して落ち込みました。
私の車はこれだけの金額なんだと気付かされました。

一般人とは違い、あちこち調査が添付されていました。


落胆してしまったので、他の買取店にも査定を頼んでみたのですが、ほぼ変わらない内容でした。
ズバット業者を利用するときは、査定で気を遣うことはあるものの、査定金額に満足したら、売主がすることはほとんどありません。



中堅以上の買取業者なら、営業担当者も事務所の人もよくわかっていて、必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せば「あとはよろしく」で面倒な手続きは必要ありません。
こちらで揃えるのは、車検証・自賠責保険証・実印・印鑑証明・最新の納税証明書などです。住所変更は住民票や戸籍の附表が必要です。

時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。最終的に代金が支払われますが、現金払いでない場合もあるので、振込先の口座も用意しておけば万全です。車の処分について悩んでいましたが、家族で相談した結果、今まで2台所有していた自家用車を、1台売る事に決めました。車買取専門店を探したもののどの買取専門店を選べばいいのか判断がつかず、まずインターネットで検索し、家から近い場所にあったお店に査定をお願いしたという訳です。



売却した車は、私の愛車だったネイビーカラーの軽自動車で10年落ちの車両です。
ですからお金になるのか微妙なラインでしたが、主人と二人でランチを楽しめる程度の金額で買ってもらえました。


中古車の査定士は訪問査定時に決まった項目に従い、車の買取査定を行うのが普通です。その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、プラスマイナスを加味して最終的な査定額となります。

では、具体的にどのようなところがチェックされるのかというと、当然ながら事故歴、そしてボディの状態(キズ、へこみ)、過去の修復に関することと、改造パーツの有無、走行距離などです。

熟練の営業マンが逐一チェックしますから、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、うまくいくはずがありません。


それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。
業者による車査定を受ける場合、走行距離がまずチェックされます。査定の中でも、一番重要な査定ポイントは走行距離です。走行した距離が10万キロオーバーの車でも買い取ってもらえるかは車種によっても違いますが、なかなか困難なことです。
とはいっても、購入希望者が多くいる軽自動車やマニアが欲しがるような、レアなものなら、査定額が上がることもあるようです。大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、予測しないトラブルに遭遇してしまうことがあるのです。

車売却の際にたまにあるケースとして、既に契約が成立してから、問題が見つかったからと言われて買取額を下げると通達される場合があるのです。
売却する際に売り手側が事故歴などを隠蔽していたのならば責任があるのは自分側です。

しかし、自分が何も悪くないときには、見積もりを出すときにきちんと確認しなかった方が悪いのですから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。