中古車を購入する際に気になってしまうのは、年式は

情けない話ですが、これまでに交通事故を10回

中古車を購入する際に気になってしまうのは、年式はもちろんのこと、走行距離ということになりますよね。


通常、中古車の走行距離というのは、年間で1万kmくらいと思われます。そのため、10年乗って10万kmほどの走行距離が普通の中古車の走行距離になるということです。自動車を手放す際の選択肢には、ディーラー下取り、買取と呼ばれるものもあります。

でも、ディーラー下取りというやり方は、中古車買取業者に引き取ってもらうよりも安価になってしまう場合が多いのです。

他には、オークションで売るという方法もあるのですが、手数料を損してしまうことも否定出来ないというデメリットもあるのです。車を査定して欲しいからといって、現物をいきなり店舗に持ち込んでしまうというのは得策ではありません。
一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、悪い言い方をすれば業者の言い値になりかねないからです。強いてその長所を挙げるとすれば、スピードです。店まで査定対象となる車を運び入れてしまうのですから、あらかじめ書類一式をそろえて印鑑を持っていけば店舗に行った当日に契約が終わっているなんてこともあるわけです。


車の買取サービスは、基本的に手数料は無料です。といっても、売買が決まれば車の名義変更をしますが、買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。なかには代行手数料無料という会社もありますが、有料の場合はあとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書を記入したときに営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。そのほか、細かいことですが、「印鑑証明」「住民票」が欠かせませんので、その取得費にそれぞれ300?500円程度が必要になります。普通の中古車屋の場合、買取査定は無償というところが圧倒的に多いです。しかしながら車を買うついでに同じディーラーで下取りしてもらうと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

下取りの査定費用は下取価格から引くので、出費に気づかない人もいるようです。業者の無料査定を経験した人ほどしばしば起こりうる失敗です。


だからこそ、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをしっかり確認しておきましょう。



無償ではないことがわかれば、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。車の査定を受ける時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、冬用ではない標準のタイヤにしておいたほうが良いでしょう。一般に、スタッドレスタイヤはマイナス査定となるといわれます。
使用状態が良かったらスタッドレスタイヤも車とまとめて買取を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、溝がない状態になってしまっていると、反対に処分の費用が必要かもしれません。

事故って車を直した際は、事故車とは違い修復暦車といいます。

これはズバット業者の査定において、査定の金額が、大幅に下がってしまう要因のうちのひとつとなります。
ただし、軽い程度の事故を起こして修理した場合、修復暦車と扱われることなく普段どおりの査定を受けられる車も存在します。雪が積もった日、車が滑り、電信柱にフロントをぶつけてしまいました。
どうにかエンジンにはダメージがなかったのですが、それにもかかわらず事故車扱いに変わるでしょう。


バンパーばかりでなく、フロント部分にあるフレームの修理を行うことが必須となったため、多額の修理費が掛かってしまいます。



買取業者による実車査定は、雨の日や夜にしてもらう方が本来の額より高く見積もってもらえる可能性が高いという話をたまに聞きます。



光の反射がなく車体の傷が目立ちにくいので、減点を受けにくく、結果として高額になりえるという理屈です。
とはいうものの、見逃す程度の擦りキズが大幅に査定に響くことは考えられません。実際には査定士の都合さえ良ければ昼でも夜でも多くの業者に来てもらったほうがずっと良い効果が得られるでしょう。

来たからには見積りに勝って契約をとりつけて帰りたいという競争心が働きますし、全体的に提示金額が高くなるというメリットがあります。新しい年式のものほど査定額は上がりますし、グレードも高くなるほど査定額もアップすることでしょう。車種の色も査定のチェックポイントで、無難な白や黒、シルバーなどが人気となっています。



車を買う時は、そのうちに売ることを考えて一般受けしそうな色の車を購入するというのもありかもしれません。