妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、思い切って車

自家用車を所有しているとたとえ乗らなくても維持費が結構かか

妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、思い切って車を買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。
いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが下取りなんて初めてでしたし、「値引きできない分、下取りのほうをアップしました」と言われ、その額で交渉なしで決めました。



同行していた家族の手前、言い出せませんでしたが、僕が思っているより下取り額が安かったので、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまだに後悔しています。複数の査定業者から見積もりを出してもらうことを「相見積もり」と呼んでいます。


相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。

それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、複数の買取業者に同じ日の同じ時刻に売買予定車を目の前で査定してもらい、皆で一様に査定額を提示してもらうというケースもこれに相当します。買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、受け付けている買取業者は多いことでしょう。車の売却時にまだローンが残った状態だと、残りを全部払い終えてからでなければ売ることは不可能です。



それは返済が終わっていない車というのはローン会社の所有物であり、実際の所有者名義もローン会社であることが一般的だからです。

売る際に残りの債務を一括返済しきれれば良いのですが、それが無理なら決定した査定額を使って残りの精算に回すという手段もあります。

しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、必要書類も多くなります。中古車売買に於いて、その査定基準は、その車の走行距離や年式、事故歴があるかないかや、内装および外装の状態などです。査定基準のうちで外装と内装に関していえば、査定してもらう前に充分に自分で清掃することで査定額はアップするでしょう。



事故歴の有無は嘘をついても査定士には直ぐに見抜かれますので、嘘をつかずに申告してください。先に述べた査定基準をチェックした上で、中古車オークションでのその車の査定相場を加味して、最終的な見積額を決定します。
中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のためにけして疎かにしてはいけない点があります。
簡単にいえば、契約書をよく読むことです。


取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。
業者による説明と実際の買取額が同じかどうかといった金額に関する文言はかなり注意して読まなければいけません。
裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でサインしてください。


車の査定を申し込んだ場合、お金はかかってしまうのでしょうか?結論からいうと、お金は無料です。
基本的に、車の査定でお金のかかってしまう業者はないと思っていても良いでしょう。


ことに、大手の業者で料金を請求するところはありません。とはいえ、カービューの車買い取り業者によっては、査定料を請求してくる業者もあるので、ご注意ください。車を処分する際の査定にはタイヤのコンディションは買値に影響しないのが普通です。けれどもスタッドレスタイヤを使用しているなら、普通のタイヤに交換してから売るほうが良いです。一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、北陸や北海道などの豪雪地域の冬ならいざ知らず、一般的にはいちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあとでなければ販売できません。当然ながらタイヤ交換費用を査定額から引くので、安くなってしまうのです。
査定結果に納得し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。


普通乗用車と軽の場合は違いもありますから分からなければ担当者に聞いて間違えないようにしましょう。必ず必要になるのは車検証で、そのほかリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合はよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。
愛車を手放した後から、「瑕疵担保責任」を言い訳にして買取店舗が契約を解除したり買取金の減額を告げられることがあります。

事故を起こした車だと言うことを隠して売りつけたのならば自分側が悪いと言えますが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分は何も責任を取る必要はないのです。買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると話してみると個人で悩むより数倍早く解決できるはずです。車の査定を受ける際は、どの業者を選ぶかが大事な点であることは間違いありません。
なにしろ中古車の査定額は、どこに出しても同じという訳ではないからです。むしろ、多くの場合、かなり査定額の違いがでることがあるのです。と言うわけで、とどのつまりは、他の業者より、少しでも高い査定額をつけてくれる買い取り業者を探し出して利用しなければなりません。

そんな時、大変便利に利用できる一括査定サイトの存在は心強いものです。



これを使うと、一度にまとめて複数の業者に査定額を出してもらうことができます。